« DF秋田豊 今期限りで引退 | トップページ | 07-08セリエA 第13節 カリアリvs.ACミラン »

2010南アフリカW杯 アジア地区3次予選組み合せ

2010W杯アジア3次予選の組み合せが決定しました。
3次予選の各グループ上位2チームが最終予選へ進出することができます。

【グループ1】
 オーストラリア  中国  イラク  カタール

【グループ2】
 日本  バーレーン  オマーン  タイ

【グループ3】
 韓国  北朝鮮  ヨルダン  トルクメニスタン

【グループ4】
 サウジアラビア  ウズベキスタン  レバノン  シンガポール

【グループ5】
 イラン  クウェート  アラブ首長国連邦   シリア

グループ1はまさに死のグループですね。熱い試合になりそうです。グループ5も何気に激戦になりそう...
グループ3では韓国vs.北朝鮮が実現することになりますが、ほのぼのとした試合になるような気がします。非常につまらなそう。

グループ2はどうなんでしょう。タイ代表は力をつけてきているという話を聞いたことがありますし、中東も以前と同じ見方をできないことはアジア杯で実証済みです。アジア杯で日本代表が相手の堅守を崩しきれなかったことを思うと特に中東2チームは侮れませんし、あの大会の教訓を踏まえてしっかりと調整期間をとってチーム作りをしてほしい。vs.ベトナム代表の俊輔が得点したときのような崩しの引出しがもっと増やせるような調整を...
でも引いている相手から得点することは難しいですよね。今シーズンのミランを観ていると本当にそう思います。

|

« DF秋田豊 今期限りで引退 | トップページ | 07-08セリエA 第13節 カリアリvs.ACミラン »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/9126359

この記事へのトラックバック一覧です: 2010南アフリカW杯 アジア地区3次予選組み合せ:

« DF秋田豊 今期限りで引退 | トップページ | 07-08セリエA 第13節 カリアリvs.ACミラン »