« 07-08セリエA 第13節 カリアリvs.ACミラン | トップページ

07-08UEFAチャンピオンズリーグ 第5節 グループD ベンフィカvs.ACミラン

今節に勝利または引き分けであればグループD突破が確定します。

ピッポは発熱で出場できませんでした。ロナウドはベンチ入り。
この状況を考えるとロナウドがいることに安堵します。パトが出場可能であればまた楽しみが増えたのでしょうけど。

会場:エスタディオ・ダ・ルイス

スコア:1-1 得点者:ピルロ ペレイラ [試合詳細]

おもしろい試合でした。
前半はミランのペースで、後半はベンフィカのペースと両チームに見所がありました。

前半はベンフィカのチェックが遅れていたのでミランのポゼッションが高かったです。その中からピルロの見事なミドルシュートが炸裂しましたね。あまりにスマートに入ったので「えっ?」って感じでした。ミランに対してシュートコースをあけてしまうと、あのように決められてしまうということでしょうか...カンピオナートではまず見られない得点なので新鮮でした。

後半はベンフィカのプレスがしっかりと効いていたのでミランはなかなかカウンターに持ち込むことができず、ただ跳ね返すか自陣で奪われるかと厳しい内容でした。
特にルイ・コスタのドリブルは人数をかけても奪うことは難しかったですね。相変わらず凄い選手です。
でもミランのおもしろいところは誰かがミスした後のフォローの質の高さです。ネスタのそういったところは相変わらず光りますね。ガットゥーゾはミスを自らフォローしに行きますけど。

右サイドバックに入ったボネーラ。守備がよかったですね。後ろからのマークに行ってもファールせずに奪う姿は凄かったです。
オーバーラップはあまり巧くいきませんでしたがクロスの質は高かった。でも普段やらないポジションのせいか少々遠慮しているようにも見えました。
今節の起用は戦術的なところが大きかったので与えられた仕事を十二分にこなしてたと思います。ルイ・コスタは巧すぎるので捕まえられなくても仕方ないです。

嬉しかったことはブロッキとグルキュフのプレーが見られたことです。
ブロッキの守備のよさもでていましたし、持ち味のミドルシュートやパスも見られたので日本でもその姿が見たいですね。ただ負傷したのか、ちょっと心配です。
グルキュフも所々でいいプレーがあったのはよかったのですが、もうちょっと周りが使ってあげてほしいものです。守備も一生懸命やりますし裏からの飛び出しで惜しいところもありました。

セードルフは後半に入ってからよさを消されていたので交代されるだろうとは思っていましたが、まさかオッドとは...ロナウドが来ると思っていました。
たしかにグルキュフを投入した時点で流れが悪くなったので2トップは危険だったかもしれませんが。もっとグルキュフを使ってほしい...

今節が引き分けということでグループリーグ突破が確定しました。
vs.セルティックは疲れた選手を休ませて、万全の状態で日本に乗り込んできてほしいです。

|

« 07-08セリエA 第13節 カリアリvs.ACミラン | トップページ

ACミラン」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

UEFAチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事