« 07-08セリエA 第2節 ACミランvs.フィオレンティーナ | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第25節 サンフレッチェ広島vs.浦和レッズ »

元フランス代表 カンデラが現役引退

ローマに在籍していたとき中田英寿とはチームメイトでした。
そしてローマがスクデットを獲得したときの立役者の1人です。

シエナでプレーしていた昨シーズンを思い返しても、まだまだやれそうな感じがしますけど...

人気blogランキング週刊ブログ王FC2にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ

カンデラ曰く「私は今シーズンどのクラブでもプレーしない。私の時間は終わった。フットボールは変わってしまった。戦術やテクニックよりもフィジカルがより重要になってしまった」だそうです。

確かにそうですね...
アジアの代表戦を見ていても感じます。
例えば中国代表は特にフィジカル重視で、ある程度テクニックがなくても当たりの強さでドリブル突破を仕掛けてきます。
逆に日本代表はテクニックやスピードがあるけれども、少し身体を当てられるだけでバランスを崩しボールをこぼしてしまい奪われてしまう。
フィジカルがある程度強くなければテクニックや戦術が活かせないのが今のサッカーなのかもしれませんね。

自分の中で、カンデラといえばやはりローマに在籍していた頃です。
3-5-2の左サイドで活躍しました。

当時のローマは好きな選手ばかりでしたよ。
モンテッラ、デル・ベッキオ、トッティ、ヒデ、カフー、トンマージ、ザネッティ、エメルソン、サムエル、ザーゴ、アウダイールなど。そして監督はカペッロ。
特にモンテッラ&デル・ベッキオの2トップが好きでした。
デル・ベッキオのやや左ウィングの位置取りからゴール前に入ってくる動きは最高でした。

カフーは中盤の右サイドにも関わらず、ほぼ右ウィングのような位置取りだったので、逆サイドを担当していたカンデラとしては色々と気を使うこともあってでしょうね。

カンデラも引退する前に1度Jリーグでプレーしてほしいものです。Jのクラブは彼にオファーをだしてほしい。
あの無尽蔵で勢いのあるプレースタイルは良いお手本になると思います。
と、出来れば引退してほしくない衝動に駆られる今日この頃です...

人気blogランキング週刊ブログ王FC2にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ

|

« 07-08セリエA 第2節 ACミランvs.フィオレンティーナ | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第25節 サンフレッチェ広島vs.浦和レッズ »

サッカー」カテゴリの記事

セリエA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/7820784

この記事へのトラックバック一覧です: 元フランス代表 カンデラが現役引退:

« 07-08セリエA 第2節 ACミランvs.フィオレンティーナ | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第25節 サンフレッチェ広島vs.浦和レッズ »