« AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 日本代表vs.カタール代表 | トップページ | AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 UAE代表vs.日本代表 »

FIFA U-20ワールドカップ Canada2007 Best16 日本代表vs.チェコ代表

グループFを首位で通過したU-20日本代表。
決勝トーナメントBest16の対戦相手はグループEを2位で突破したU-20チェコ代表です。

チェコの選手の見た目の大きさにビックリしました。まったく良く育ったものです。

会場:ヴィクトリア

スコア:2-2 [3(PK)4] 得点者:槙野智章 森島康仁 クデラ マレシュ [試合結果]

悔しい試合でしたね。
本当に良いチームだっただけに残念でした。

チェコはジワジワと来ましたね。
ロングボールで前線に放り込むか、両サイドからドリブルで勝負するか、日本のDFラインと中盤の底の空いたスペースでドリブルを仕掛けるか。
ひたすら単調なことしていることに不気味な印象を受けたました。
それに前半は積極的にプレスをすることもありませんでした。もしかしたら飛び込めなかったこともあるとは思うのですが、後半の守備の仕方を見ると温存していたのかなとも思います。

何よりもチェコの巧かったところは、しっかりとパスで繋げることでしたね。
ロングボールに関しては半ば賭けの部分はありましたが、球際の競り合いやキープしながらの繋ぎ方は巧かったです。
その一方で日本の守備はボールの奪いどころを見失ってしまいましたね。
相手1人に対して2人でプレスに行っても、パスが出されたときの奪い役がいませんでした。
前に上がった選手たちは良く戻ってきていましたが、この時の中盤の守備が青山1人になりやすかったこと、チェコのしつこいくらい徹底した攻撃でジワジワとDFラインを下げさせられてしまったこと、きっと今後に繋がると思います。良い経験になりました。

終わってみればチェコの作戦勝ちでした。
レフリーがPKを良くとってくれる人だったので、それを狙ったチェコの攻撃も巧くいったということでしょう。
それにしても最後のチェコの選手のハンドはとってほしかった。
自分から手をだしていましたからね...とっていたらPKでしたね。
レフリーも「ちょっとPKとりすぎたから、もうとってやんない!」てところだったのでしょうかね。

日本にはチャンスがたくさんありましたね。
それを決めきれなかったことは何とも悔しい。
チェコのDFは大きい割りには結構被っていたようなので、思い切ってハーフナー息子を使ってもおもしろかったかなぁとも思いました。
と言うよりも息子の晴れ姿が見たかったです。親父じゃないですけど。

田中亜土夢も良い選手ですね。今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ FC2ブログ 人気blogランキング

|

« AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 日本代表vs.カタール代表 | トップページ | AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 UAE代表vs.日本代表 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/7131339

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA U-20ワールドカップ Canada2007 Best16 日本代表vs.チェコ代表:

« AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 日本代表vs.カタール代表 | トップページ | AFCアジアカップ2007 グループリーグB組 UAE代表vs.日本代表 »