« 北京五輪アジア2次予選 U-22日本代表vs.U-22香港代表 | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第1節 浦和レッズvs.横浜FC »

06-07セリエA 第26節 パレルモvs.ACミラン

カンピオナート3位のパレルモとアウェーで対戦。
パレルモは控え選手を含め本当に良いチームですね。

この試合に勝利して何とか上位との差を縮めたい1戦です。

会場:レンツォ・バルベラ・スタジアム スコア:0-0 [試合結果]

今節の4バックは右サイド・バックにブロッキを起用し怪我人の穴を埋めていましたね。
サイド・バックの起用はCLのvs.AEKアテネ以来ですね。
試合の流れを見る限り、今日の鍵を握っている選手のように思えました。
サイド・チェンジからの絡みは効果的だったと思います。
でも全体的に良いクロスを入れていましたが合いませんでしたね。
vs.AEKアテネのときと引き続き、サイドバックとしての守備はしっかりこなす事ができました。
一方、不慣れなポディションなので仕方ないですが上がるタイミングは掴みづらそうでした。
それでも攻撃になると中盤の位置まで上がりながらタイミングをとっていました。
他にも中へ切り込む動きもしていたので、いつもと違ったミランの攻撃が見られたと思います。

今節も1トップを採用していたわけですが、途中から2トップにしてもおもしろそうでした。
クロスに対するターゲットがジラ1人になっていたのでもう1人ほしいところでした。
おそらく2列目から飛び出しをもとめてグルキュフを投入したこともあったのでしょうが、パレルモも攻める意識が強くなっていたときだったので、中盤でボールをまわす役割になってしまいました。
ということは、もう少し早く使った方がよかったのかもしれません。

パレルモは試合終盤にディ・ミケーレへサイド・チェンジで合わせる攻撃に徹していましたが、あれは脅威でした。
プロッキとシミッチが一生懸命についてくれましたが、あのスピードとテクニックはなかなか捕らえきれませんでした。

ボネーラは守備で大活躍でしたね。
しっかりとパレルモの攻撃を潰せました。
彼を見ていると確実に経験を積み成長しているのがわかります。嬉しいことです。
シミッチもミスが少なく競り合いでも負けていなかったので今後に期待したいです。

アンブロジーニはなかなかオーバーラップできませんでした。
でも相手がパレルモなので飛び出しづらかったのかもしれませんね。
今節はカラッチョロとの競り合いが印象的でしたが、彼が上がってこないと攻撃が物足りないです。

セードルフとファバッリはなかなか噛み合わなかったですね。
ファバッリは久しぶりの試合なので勘が鈍ってしまっているんでしょうか。
vs.レッジーナでは回数は少ないものの上がるタイミングが良く期待していたので残念でした。

ロナウドの抜け出し...惜しかったぁ。
バーに当ってしまったのが悔やまれます。
抜け出しもトラップも良かったんですけどね。

カカは大丈夫ですかね。1人で頑張りすぎです。
PKに関しては責める気は毛頭ないのですが、頑張りすぎで怪我が心配。
カカの代わりはいませんからね。
グルキュフに任せるには重荷でしょうし。
ボールを持つと全体の足が止まってしまいますから...
始めからマーカーをぶっちぎっている状態なら問題なさそうですが。

なんだかテンションが下がってしまいました。
次節のvs.キエーボは勝点3でお願いしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ FC2ブログ 人気blogランキング

|

« 北京五輪アジア2次予選 U-22日本代表vs.U-22香港代表 | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第1節 浦和レッズvs.横浜FC »

ACミラン」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

セリエA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/5526125

この記事へのトラックバック一覧です: 06-07セリエA 第26節 パレルモvs.ACミラン:

« 北京五輪アジア2次予選 U-22日本代表vs.U-22香港代表 | トップページ | 07Jリーグ(J1) 第1節 浦和レッズvs.横浜FC »