« ドイツW杯をちょっとだけ妄想 | トップページ | ドイツ行きメンバー23人発表 »

キリンカップサッカー2006 日本代表vs.ブルガリア代表

ひさびさに見た日本代表の試合。中盤の底に福西&阿部、トップ下に遠藤、2トップは玉田&巻と楽しみな布陣。ドイツW杯の最終選考も兼ねているので熱い試合になるだろうと勝手に思っとった...

まず1つ思ったことは、今回は親善試合だけ特別にFKは両監督がキッカーを務める(強制的に)ルールにしてほしかったなぁ。ストイチコフのキレのあるキックに魅了されたのはレイソルサポだけじゃないからね。

下らないことはさて置き、日本代表の攻撃は縦パスが増えて良くなっているね。今までは横パス×2×3×4×...そしてパスカット喰らい~のカウンター喰らい~のだったのに、例の連動性とかいうサイドからの展開も良かったし、中央からの楔の繋ぎも良かった。特に玉田が絡んでゲームを創るのは良かったけど、4バックにするまでは攻めさせられていた感はあった。4バックにしてから展開力があがったのもあったけど、ブルガリアが守り疲れ始めたのもあるだろうね。しかし、あの左SBのワグネルって選手はお気に入りだったな。的を獲た位置取りは素晴らしかった。

一方、日本代表の守備は最悪だったな。確かに相手はテクニックがあったけどプレスが緩すぎてそれが最後まで続いたもんだからW杯が不安になってきた。あのブルガリアの先制点のサイドチェンジは素晴らしかったけど、あれも結局のところプレスが甘すぎたからじゃい。相手が足元の上手い奴だったらしっかりと身体を付けて数人で挟み込めじゃ。コンフェデ杯のときの全員攻撃全員守備を思い出してほしいわぃ。あまりにも守備の意識が低くてビックリしたよ。もっとガツガツ行って良いんだよ、守備下手なんだから。攻撃に厚みがでる守備...コンフェデ杯を思い出せ。

村井は大丈夫かな。靭帯イってそうな着地の仕方だったけど...アレックスの控えは彼しかいないんだよ。本戦までに間に合ってくれ。

玉田は調子が良さそうだったけど、今良い状態なのはやや不安。W杯までの一ヶ月間、その調子が維持し続けられるのか...無理?。。。でも今日の試合は良かったことには変わりがない。監督がどう判断すんのか楽しみ。

ストイチコフのことひさびさに見たな。代表引退を兼ねたユーロ2000予選の試合以来だ。あの試合の彼は別人のように落ち着いていて、結局チームメイトが退場になっちゃったんだけど、その選手が泣きながらしきりに謝っているのを彼がなだめている姿にもらい泣きしそうになったもんだ。あの試合は確か負けちゃったんだよな。vs.イングランド代表だったけ?

日立台へ応援しに行ったとき、ストイチコフのキックには本当に圧倒された。手癖が悪かったのは珠に傷だったけど、楽しいサッカーだった。そんな彼が監督として結果が残せて成功できることを祈っているよ。

|

« ドイツW杯をちょっとだけ妄想 | トップページ | ドイツ行きメンバー23人発表 »

キリンチャレンジカップ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/1740074

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップサッカー2006 日本代表vs.ブルガリア代表:

« ドイツW杯をちょっとだけ妄想 | トップページ | ドイツ行きメンバー23人発表 »