« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 組合せ決定 | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg »

セリエA 第32節 レッチェvs.ACミラン

vs.リヨン(CL)のすぐ後ということでターンオーバーを採用したミラン。

今節の相手は降格圏内のレッチェだがヴチニッチを中心とした速いカウンターと中盤の押し上げは決して油断はできない。

会場:スタディオ・ビア・デル・マーレ

スコア:0-1
 後半9分 アクセル・セドリック・コナン(レッチェ)

システム:4-3-1-2
 GK 1 ジッダ
 DF17 シミッチ [→2 カフー]
    3 マルディーニ
    4 カラーゼ
   18 ヤンクロフスキ
 MF23 アンブロジーニ
   21 ピルロ [→20 セードルフ]
   14 フォゲル
   10 ルイ・コスタ
 FW11 ジラルディーノ
   37 アモローゾ [→9 F・インザーギ]

 監督:カルロ・アンチェロッティ

速いプレスとサイドを起点にした展開

 何よりもまずレッチェの最終ラインのバランスと堅い守備が良い攻撃・良いカウンターを演出できた大きな要因だろう。特にジャムテン(レッチェ・2)の貢献度は高かった。

 ボールを奪ってからヴチニッチが左サイドへ開いてパスを受けFWコッゾリーノとセンターMFデル・ヴェッキオが精力的にPAへ上がり、シュートを放つ。右サイドのバブにドリブルで仕掛けさせる。その形を踏まえたうえで、後半のコナンの投入が1点に繋がったのではないだろうか。

上がれないサイドバック

 後半にセードルフとカフーが投入されるまで両サイドバックからの攻撃はレッチェのコンパクトな守備に封じ込まれていた。

 ミランの中盤はサイドへの展開する意識が低く、中央から切り崩そうとする意識が強かったことや自身の中盤のポセッションが低かったことでボールをさばく余裕がなかったことがサイドバックを使う攻撃が機能しなかった原因。シミッチがマーカーを飛び越えて裏でパスをもらおうとしなかったところを見ると右サイドからの展開をする気がないように感じた。

 後半にセードルフを投入することで中盤のポゼッションが上がりヤンクロフスキがクロスを放つ場面が増えた。カフーも相手が警戒したのか、やや下がり気味になってくれたお陰でシミッチのときよりも自由にできた。

中央突破とフィードパス

 主に攻撃の中心になったのはルイ・コスタ、アンブロジーニ、ピルロ。

 ルイ・コスタのドリブルを細かく繋いでマークをすり抜けて行く攻撃、アンブロジーニの前線をポストに使って切り込んで行く攻撃、この2人を中心に中央突破をしかけることが多かったが悪くなかった。ただ、あまりに単調になってしまって展開が読まれ易くなってしまった。

 ピルロのフィードもレッチェの速い中盤の押し上げの裏を突いた背後への落としは効果的だったがその後を繋ぐことができなかった。

危険なバックパスと見誤る判断

 レッチェの前線からのプレスに苦し紛れのバックパスを乱発してしまい危険な場面をつくってしまった。バックラインで自由にボールを回す暇を与えてもらえないことで自分たちのペースを乱されたことは相手のバックスと対照的だった。

 特にカラーゼの消極的なプレイには目を覆いたくなるほどだった。連戦の疲れか、それともマルディーニとの兼ね合いが上手くいっていなかったのか、スタムの分までやらなければならない彼に休息を与えてほしいが次節はネスタとマルディーニで組ませれば彼も休めるだろう...

37番の今後に期待!

 今節、初スタメンとなった37番アモローゾ。プレイスタイルとしては、やや今のシェバに似ている。中盤まで下がりボールを受ける動きをしてくれるという意味で。

 ただ、シェバのように中盤でドリブルをしたり右サイドへ展開してクロスを放る動きをすると言うより、中盤で繋ぎ役になったり自分でゴールを狙える位置を意識しながら逆サイドのスペースを狙ったりする。他のFWとタイプを比較しても、どの選手とも違ったスタイルを持っているので今後に新たな引き出しとして期待したい。

|

« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 組合せ決定 | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg »

ACミラン」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

セリエA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/1259344

この記事へのトラックバック一覧です: セリエA 第32節 レッチェvs.ACミラン:

« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 組合せ決定 | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg »