« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg | トップページ | 『大神』...癒されたぁ~ »

UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stLeg ACミランvs.FCバルセロナ

 今回の相手は、昔、因縁の対決と言われていたvs.バルサ。

 息を呑む暇がないほどに展開が速く、いつも試合に間が開くとミニ情報を口にする実況の八塚さんもそんな暇がないくらいで、本当に熱く楽しいひと時でした。

 ミランが負けてしまったことは残念だったけど、いちサッカーファンとしては満足。

 今試合ではインザーギが高熱で出場できず、アモローゾが一応ベンチ入りしているものの、この大一番で起用できるほどフィットしていないため実質FWの控えはないに等しい状態。1つの救いはスタムが復帰したこと。ただ頑張って走っていたけど、きっと万全ではなかっただろうなぁ。もちろん、この試合でも頼りになる存在だった。

試合の詳細はこちらで...

 序盤は、さすがのバルサもサンシーロってことで守備時の速いチェックを遠慮していたようだったけど、すぐにいつもバルサになった。ミランとしては守備から攻撃に移ったときに後ろで回そうとして、そこを狙われて高い位置でボールを失う。そしてピンチといった形が目立った。特にカカ、ピルロは激しいマークでなかなか仕事ができなかった。しかもマンマーク。そんな状態だったんで終盤まで主に攻撃を組み立てたのはセードルフとスタム。(しかし前半のセードルフはよく滑っていたな...)

 ミランが苦しんだのはバルサの速いチェックもそうだけど相手のキープ力の高さ。特にロナウジーニョは「ジーニョ、ジーニョ(チビの意味)」と言っても当たられても倒れないどころかむしろ相手をなぎ倒す勢いがある程だった。あとバルサはボールを持っている選手に対して必ず周りがパスを貰える位置まで近づく。しかもミランにとってはチェックし難い位置どりをする。あれはやり辛かったと思う。

 もちろんミランにも得点チャンスはあった。決定的なチャンスが山ほど...でも決められなかった。硬かったと言うか力みすぎたと言うか...一歩間違えればドーハの悲劇のときの日本代表がPA内でシュートを焦って放って見事にふかすのに似ていたな。

 今試合のポイントはミランにもバルサにも言えたことだけどFWが中央でゴールに向かって斜めに動くこと。FWの動き出しとしては基本中の基本だけど斜めへの動きはDFにとってマークしづらくなるときがある。この動きがハマると見ていて気持ちいいんだけどバルサの得点はジュリのこれだったんだよね(涙

 2ndLegはカンプ・ノウ。1点決めれば振り出しに戻る。あちらのホームの雰囲気も独特っぽいから、まずは呑まれないように...

|

« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg | トップページ | 『大神』...癒されたぁ~ »

ACミラン」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

UEFAチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/1467900

この記事へのトラックバック一覧です: UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stLeg ACミランvs.FCバルセロナ:

» CL準決勝 1st leg ACミラン VS バルセロナ [NO FOOTBALL NO LIFE]
ACミラン 0−1 バルセロナ 得点)ジュリ HOME)ACミラン              シェフチェンコ   ジラルディーノ                      カカ           セードルフ             ガットゥーゾ                      ... [続きを読む]

受信: 2006.04.20 01:11

« UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg | トップページ | 『大神』...癒されたぁ~ »