« セリエA 第32節 レッチェvs.ACミラン | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stLeg ACミランvs.FCバルセロナ »

UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg

試合の日に風邪を引いてしまい、ボケッと何も考えずに見てしまいました。

始めにミランのゲームを前半だけ見て、頭痛が我慢できずに休んで、起きてからインテルを見たら見事に敗退。ガッカリしながら「もしやミランも...」と恐る恐る後半を見た次第であります。

結果は3-1の劇的な勝利。

vs.リヨンは終始リヨンのペースでこのまま1-1で負けてしまっても不思議じゃない内容。解説者はインザーギを注目していたけど、オイラはシェバが気の利く動きをしていたので何かしてくれるんじゃないかと思っていました。ところが前半は不発だったので予感が外れたを思いきや、やってくれました。後半に勝ち越しゴールのキッカケになるシュートとダメ押しの追加点。とはいえ、この人が決めてくれないと始まらんですがね。

 リヨンのペースの中での勝ち越しは、痛い頭が真っ白になりましたよ。訳の分からない感覚を味わいました。インザーギのシャウトが印象的だった。

 それにしてもアンチェロッティの喜びようと言ったらなかった。ガットゥーゾに頭をシェイクされてスイッチ入っちゃったんでしょうか。次はvs.バルサ、スタムが負傷したのは痛いけど、マルディーニとカフーが還ってきてくれたんで勢いがついてくれることを祈ります。

 ユベントスはデル・ピエロが抜けてチームコンディションが下がってしまったのか見ていて気の毒だった。疲れのせいかトレゼゲの動き出しが遅いのが気になりました。ネドベドの退場は見ていて予想はできましたよね。オフサイド・トラップのストレスがディフェンス時のイエローカードを誘い、退場が頭を過ぎったときに案の定...バルザレッティが投入されて攻撃が良くなってきた矢先だったんで、あの退場で敗退は決まったも同然でしたね...

 インテルはマルティンスをもう少し早く入れてやりたかった。ビジャレアルも良いサッカーしていたなぁ。あの試合のリケルメは誰にも止められなかった。いつもならプレッシャーに負けて後ろに下がる彼が厳しいプレスに負けずグイグイ前へで出る姿は凄かった。フォルランも良かったし、1stLegの中盤の守備を修正して堅くなっていた。ベスト4に進出できなかったのは悔しいけど、ビジャレアルは強かった...

|

« セリエA 第32節 レッチェvs.ACミラン | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stLeg ACミランvs.FCバルセロナ »

ACミラン」カテゴリの記事

インテル・ミラノ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

UEFAチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてご紹介させていただけないでしょうか?
登録はサイトよりお願い致します。

投稿: BlogStation | 2006.04.12 03:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56654/1327574

この記事へのトラックバック一覧です: UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝2nd Leg:

« セリエA 第32節 レッチェvs.ACミラン | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝1stLeg ACミランvs.FCバルセロナ »